バリバリサラリーマンでがんばるぞ

kjgea553ag.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)

 日本勢の大健闘に、長島圭一郎、加藤条治両選手の地元も沸いた。

 長島選手の出身地、北海道池田町では、町田園ホールに集まった同級生ら約200人がテレビ観戦。銀が決まった瞬間、「やったぞ」と歓声が上がった。この後、町特産のスパークリングワインを開けて乾杯。英雄の活躍を祝った。

 同高スケート部だった帯広市の農業矢野圭祐さん(25)は「ドキドキだった。いい滑りだった。メダルなんてすごい」と拍手を送った。

 加藤選手が生まれ育った山形市では、商業ビル内でパブリックビューイングが行われた。銅メダル獲得の活躍に、市民らは「地元の誇り」などと声を上げ、喜びを爆発させた。

 中学、高校時代のスケートの指導者、石井環(たまき)さん(38)は「長い4年間だったが、メダルに値する努力をしてきたと思う」と涙を浮かべてねぎらった。

 長島、加藤両選手はともに、長野県下諏訪町にある日本電産サンキョーの選手。大スクリーンの置かれた会議室で社員約100人が観戦し、声援を送った。メダルが決まると、クラッカーとともに紙吹雪が舞い、万歳の大合唱に。安川員仁(かずよし)社長(59)は「前回の雪辱を倍返しで果たしてくれた」と語った。

水俣病 関東移住の46人に疑い 東京で検診(毎日新聞)
<ユキヒョウ>世界最高齢、パトラ死ぬ…名古屋・東山動物園(毎日新聞)
会計士きょうにも逮捕 GWG買収 脱税の疑い(産経新聞)
<子宮頸がん>産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」(毎日新聞)
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-16 18:33

若者は「わさび抜き」すしが好き 毎日新聞記事に「事実なの?」(J-CASTニュース)

 「すし店でサビ(わさび)抜きを注文する若者が増えている」。そんな新聞記事が掲載されると、ネットで「それは事実なのか?」などと疑問視する声があがり、ちょっとした騒動になっている。巨大掲示板「2ちゃんねる」では、サビ抜きのすしはアリなのか、無いのか、などとスレッドが10を超える「祭り」に発展。「サビ抜きのすし」を注文する若者は増えているのだろうか。

 毎日新聞は2010年2月5日付けで、今の若者達は「辛み」「苦み」を敬遠、「大人の味」が苦手な若者が増えているようだ、という内容の記事を掲載した。具体例として挙げられているのがすしで、サビ抜きをリクエストするのは「圧倒的に20代の若い方で、特に女性が目立つ」という、すし店の店長のコメントを掲載している。

■「サビ抜きを頼む若い女性を見たことがない」

 すしのサビ抜きといえば、親が小さな子供に食べさせるために注文する、という風景はよく見かける。毎日新聞記事によれば、今の若い人達は子どものころからの味覚や嗜好があまり変わらない人が増えていて、20代、特に女性がサビ抜きを注文するようになっているのだそうだ。

 この記事に関し、「2ちゃんねる」ではスレッドが複数立つ「祭り」に発展。

  「サビを抜く若い女は今に始まったことではなく昔からいる」
  「素材を味わいたいなら醤油も必要ないと思うが…」

などと書き込まれた。

 サビ抜きをする若い人が増えていることについては首を傾げる人が多い。都内の大学生に聞いてみると、

  「私もそうだが、サビ抜きを頼む友人は見たことがない」(20歳女性)

という人がほとんどだった。

 すし専門店ではどうだろうか。「ミシュラン」で3つ星を取った東京銀座の「すきや橋 次郎」では、

  「そういったお客様はいらっしゃいません」

ということだった。持ち帰りすしの「小僧寿し」本社では、

  「子供に食べさせるためお母さんがサビ抜きを注文されることはありますが、大人の方にとってわさびは必要です」。

 回転寿司の「元気寿司」本社では、

  「若い人、特に女性がわさび抜きを頼む事が増えている、ということは聞いておりません」

ということだった。

■わさび抜きが増えていくかといえば疑問

 回転寿司の「くら寿司」は全皿をサビ抜きにしていて、客が好みでサビを付け食べる仕組みになっている。くらコーポレーション広報によると同社店舗の場合はもともとファミリー客が多く、サビ抜き注文がけっこうあった。2年前に自社で調査したところ、20代女性を中心にサビ抜きを好む傾向が出て、「サビ抜きを注文されてから握る」のか「最初からサビ抜き」にして提供するのか検討した結果、現在のような仕組みに決めたのだという。

 結果としてサビを抜いての提供は評判が良かった。その理由としては、同社が提供するすしは70種類あり、サビを付けない方がおいしいく感じるネタがあることもあって、試しにサビを抜いて食べたところおいしかった、という感想を持つ人が多かった、からだという。

 ちなみに同社の場合、サビを抜く前と、抜いた後の店舗のサビの消費量は殆ど変わらなかった。理由は、サビ抜きを好む客がいる一方で、たっぷりサビを利かせて食する人が増えたからだそうだ。

 同社広報は、

  「わさび抜きは好評ですが、だからといって今後、わさび抜きを好む人が増えていくかといえば疑問です。ただ、わさびを抜くのはイレギュラーだと思われていた時代は終わった、ということは言えると思います」

と分析している。


■関連記事
最近は料亭にいかない小沢代表 お気に入りは「桃太郎すし」「庄や」 : 2008/10/24
ルポ・ハローワーク 「求職中」の若者に希望はあるのか : 2009/04/08
タマネギ騒動「犬に食わせていない」 プロレスラー小島ブログで釈明 : 2010/02/03
ノーベル賞晩さん会メニュー、2万円で : 2010/01/21
小瀬浩之選手の死亡 球団の沈黙が「語るもの」 : 2010/02/08

山本病院理事長ら逮捕 業過致死容疑 経験なく肝臓手術(産経新聞)
首相動静(2月11日)(時事通信)
日本国籍取得後に暗転…中国出身の女性に何があったのか(産経新聞)
高校生刺傷で50代男聴取=徳島県警(時事通信)
就職 「氷河期なんかに負けないぞ」専門学校生が出陣式(毎日新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-15 17:28

田村参院議員 民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)

 自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)は8日、民主党本部に小沢一郎幹事長を訪ね、同党への入党要請に応じることを伝えた。民主党はこれを受け役員会で田村氏の入党を了承した。政権交代後、自民離党者の民主入党は初めて。今夏の参院選では田村氏を比例代表で擁立する方向で調整する。

 これにより参院(定数242)で民主党が国民新党などと組む統一会派は121議席となり、民主会派を離脱中の江田五月議長を除く過半数に到達。民主会派は社民党の協力がなくても参院での法案可決が可能となった。社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は8日、国会内で記者団に「社民党としては今まで通り生活再建や平和や雇用問題について全力を挙げて頑張っていくだけ」と述べ、連立の枠組みには影響しないとの認識を強調した。

 田村氏は小沢氏との会談後、国会内で記者会見し「できるだけ早く今の経済政策を正していくには、この選択肢しかなかった」と説明した。【近藤大介】

【関連ニュース】
田村参院議員:民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談
自民会派:田村氏ら3氏が離脱
自民党:長谷川参院議員が離党届
自民:初の離党…田村参院議員が届け出 無所属で立候補へ
自民党:田村耕太郎参院議員が離党を表明

【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)
公的役割を日本郵政に=金融新業務は原則自由−改革素案(時事通信)
「吉野家」に強盗 刃物男が18万円奪う 東京・浅草橋(産経新聞)
平野官房長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」(産経新聞)
明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-14 08:29

【集う】2010年度ミス日本グランプリ(産経新聞)

 □1月25日、東京都新宿区の京王プラザホテル

 ■日本女性の美しさは「世界級」

 女性はいつの時代も、「美しい」と思われたいものなのだろう。2010年度のミス日本グランプリ決定コンテストには、日本女性にふさわしい心と健康的で美しい身体を持つ3663人の応募があった。

 「前向きに努力するこころ美人」をコンセプトに、書類や面接などの審査をクリアした地区代表29人がエントリー。予備審査やスピーチ審査で最終審査に12人が進んだ。審査員の倉次辰男「週刊女性」編集長は「ここまで残るだけで立派なミス日本、しぐさや笑顔、内面が美しい人が残っている」と候補者全員をたたえた。確かに、この時点で、美に覚えのある女性のなかから、300分の1に絞られている。

 そして、グランプリには「(専攻の倫理学で)より良い社会を築くには、まず自分から行動していくこと。真心を込めた言葉や行動を心がけている」と語った香川県出身の上智大学4年生、林史乃(みな)さん(23)が輝いた。美しさもさることながら、この若さで、このセリフはなかなか言えない。史乃さんは「今、ここに立てたのは家族や友人らのおかげ。今日が私の新たなスタート地点だと思って、精いっぱい務めさせていただきたいと思います」と喜びを伝えた。

 このほか、ミス日本「ミス着物」に会社員、東愛美(あいみ)さん(23)、同「海の日」に立教大、鈴木亜美さん(21)、同「空の日」にイラストレーター、林愛さん(22)、同「ネイチャー」に椙山(すぎやま)女学園大、鈴木華子さん(18)が選ばれた。

 審査員の渭原梢(いはら・こずえ)スリムビューティハウス社長は「女性が奇麗で頑張っていると日本も元気になる。ジャパンビューティーを世界ブランドに」と全員にエールを送ったが、もはや日本女性の美しさは「世界級」である。(山口知宏)

【関連記事】
ミス日本GPの林史乃さん、理想はあの大物女優
2010ミス日本グランプリ 上智大生 林史乃さんに栄冠
「ミス日本グランプリ」決定コンテスト始まる 藤原紀香ら輩出
頂点目指し美の競演 写真で振り返る「ミス日本北関東・東北地区大会」
全米最強芸能サイトも参戦 ミス・ユニバース私的ビデオ流出、疑惑の真相

鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価(時事通信)
<IOC>南京で14年夏季ユース五輪 総会で決まる(毎日新聞)
<新聞店員強殺>容疑の元同僚逮捕 山梨県警(毎日新聞)
<強盗強姦>女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部(毎日新聞)
<夕方閣議>「陛下に負担」宮内庁と相談へ(毎日新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-12 18:50

日ごろの感謝を込め淡路島で「針供養」(産経新聞)

 裁縫や縫製などで使い古した針に感謝する「針供養」が8日、兵庫県洲本市本町(淡路島)の厳島神社で営まれ、服飾メーカーの社員や主婦らが参拝した。

 針への感謝、針を使う人の技芸上達や商売繁盛、1年の健康なども祈願しようと営まれた。

 拝殿の2カ所に縦12センチ、横28・5センチ、高さ6・5センチのコンニャクがお針立てとして置かれ、朝から参拝者が次々と針を持ち寄った。

 正午からの供養では、浦上雅史宮司が祝詞をささげた後、参拝者が五色の糸を付けた針を1本ずつ手にしてコンニャクに刺した。最後に浦上宮司は「立派な仕事をしていただけるようお祈りします」とあいさつし、参拝者の邪気を払うため、ぜんざいを振る舞った。

 この日参拝した南あわじ市の和裁業、木曽弘美さん(51)は「日ごろの感謝の気持ちを込めて針を30本ほど持参しました」と話していた。

【関連記事】
姫路おでん弁当 流通科学大など開発 
山口大に鉱物コレクションの展示館
海自掃海隊群、伊予沖で大規模機雷戦訓練
「フレスタ鹿児島」18日改装オープン
「冷たく…ないっ!!」福井市で大寒みそぎ

上海に“多田ワールド” 多田美波さん、中国で初展示会(産経新聞)
新宿区が障害給付の申請拒否で謝罪(医療介護CBニュース)
「核なき世界」を議論=市民集会が開幕、内外のNGO−長崎(時事通信)
統合医療のプロジェクトチームが初会合(医療介護CBニュース)
成田山で恒例の豆まき=暴行問題の朝青龍関欠席(時事通信)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-11 16:18

<鳩山首相>太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日、首相官邸で、梅の名所として知られる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の巫女(みこ)ら「梅の使節」の表敬を受けた。「思いのまま」と命名された品種の紅白の梅の鉢植えに加え、梅干しをプレゼントされた首相。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件や、国会での野党の追及など、思いのままにならないことが多い中、この時ばかりは顔をほころばせていた。首相は「母によく太宰府天満宮に連れていってもらった」と思い出話も披露していた。【影山哲也】

【関連ニュース】
<関連写真>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ
<写真特集>満開の梅が見られるのももうすぐ… 毎日植物園・春
<コラム>春の足音
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
参院代表質問:首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題

温室効果ガス25%削減で3案提示 政府の「行程表」論議スタート(産経新聞)
自民比例に元ヘアヌード女優を公認…今夏参院選(スポーツ報知)
高級自転車盗んだ疑い 海自海士長を逮捕 神奈川・横須賀(産経新聞)
<マサイキリン>大きな赤ちゃん、すくすく−静岡(毎日新聞)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-10 16:00

<四国電力>伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)

 国内2例目のプルサーマル発電を計画している四国電力は9日夜、愛媛県伊方町の伊方原発3号機(加圧水型、出力89万キロワット)で燃料取り付け作業を始める。MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料の取り付けは10日未明に始まり、作業は12日まで続ける。

 四電によると、3号機は1月上旬から定期検査中で、燃料集合体計50体を交換する予定。うち16体に仏・アレバ社で再処理して製造したMOX燃料を使用する。

 当初は、今月24日にプルサーマル発電による送電開始を予定していたが、昨年11月に燃料集合体から微量の放射性物質漏れがあり、愛媛県が原因調査を要請。そのため、取り付け作業が約1週間遅れ、送電開始は3月上旬にずれこむ見通しとなった。【栗田亨】

【関連ニュース】
公取委:電力用材料の受注調整でメーカー3社に課徴金
次世代送配電網:4000トンのCO2削減目指し実証実験
次世代送電網:6月めどに提言…経産省フォーラムが初会合
陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州
新丸ビル:「生グリーン電力」でCO2大幅削減

津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
香港捜査員、銀座の現場に=侵入口など確認−高級時計窃盗(時事通信)
<上智大>教職員が窮乏学生支援 ボーナス減らし奨学金創設(毎日新聞)
天皇陛下が風邪の症状(時事通信)
<国歌斉唱・不起立>教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委(毎日新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-09 19:55

ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)

 茨城県警牛久署は1日、同県牛久市内のファミリーレストランで無銭飲食をしたとして、土浦市田中、無職富田和成容疑者(43)を詐欺の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、富田容疑者は同日午前5時頃に入店。所持金がないにもかかわらず9時間居座り、ビール4杯を飲みながら、ピザやギョーザ、ポテトなどを注文。デザートのストロベリーパフェまで食べ、14点の飲食代約4500円を支払わなかった疑い。

 長時間居座る富田容疑者を不審に思った店員が、牛久署に「早朝に来店してまだ食べている不審な男がいる」と通報。

 富田容疑者は「お金はありませんが、飲み食いしてしまいました」と容疑を認めているという。

【視点】山本病院事件 聴取拒否 「故意」立証難しく(産経新聞)
首相動静(2月6日)(時事通信)
岩国基地の軍民共用化 空港ビルは三セクで設立(産経新聞)
雑記帳 「逆チョコ」はいかが(毎日新聞)
<映画「蒼き狼」訴訟>角川事務所が勝訴 文書は名誉棄損(毎日新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-09 02:22

<葬儀>平井要さん=薬害C型肝炎訴訟で初めて実名公表(毎日新聞)

 薬害C型肝炎東京訴訟の原告で初めて実名を公表し、国との和解に導いた平井要(かなめ)さん(59)=1月31日に死去=の葬儀が3日、新潟市内で営まれた。

 葬儀には、ともに訴訟を闘った原告や支援者ら約100人が参列。薬害肝炎訴訟原告団の山口美智子代表は「平井さんが実名を出したからこそ訴訟が大きく動いた。遺志を継ぎ、治療ができずに病気が進行する人をなくしていきたい」と話した。祭壇には、愛用の赤いギターを弾く平井さんの遺影が飾られ、生前の演奏も流された。

 平井さんは81年、脳内出血の手術の際、血液製剤クリスマシンを投与され、C型肝炎ウイルスに感染。東京訴訟に参加し、偏見や差別を恐れて名前を明かさない原告が多いなか、「私は被害者。恥じることはない」と06年8月、1審結審後の会見で実名を公表して世論を喚起し、08年の被害者救済法成立、和解へとつながった。

 平井さんは死の直前、妻美智子さん(56)に病床へノートを持ってくるよう頼んだ。「まだ厚生労働省に訴えなきゃいけないことはいっぱいある」。経済的に苦しくても治療を断念しなくて済むような医療費の助成、障害者手帳の認定基準緩和−−。そう書き留めるいとまもなく力尽きた。【岡田英】

パールアクセサリーを上手に使いこなそう(産経新聞)
亀井氏「神戸の少年じゃないけど、郵政切り刻んだ」(読売新聞)
「刑事責任問われれば責任重い」会見で小沢氏(読売新聞)
厚生年金の脱退手当金、19万人支給漏れ(読売新聞)
<ドコモ>関東甲信越で通信障害 FOMAの通話途切れる(毎日新聞)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-08 08:30

文化住宅火災で 近鉄一時ストップ(産経新聞)

 2日午前10時5分ごろ、大阪府松原市東新町の文化住宅から出火。木造2階建て(4戸)延べ約260平方メートルのうち、2階の一部が焼け、男女2人が軽いやけどを負って病院に運ばれた。松原署などで出火原因を調べている。現場は近鉄南大阪線の沿線で火災により同線は河内天美−古市駅間で約15分間運転を見合わせ、上下計25本に運休や遅れが出て約4千人に影響した。

東京地裁、石川衆院議員ら3人の保釈決定(読売新聞)
住基ネット離脱「見送り」を表明…河村市長(読売新聞)
<田村参院議員>民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談(毎日新聞)
武山元衆院議員に有罪=報酬約束、公選法違反−さいたま地裁(時事通信)
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
[PR]
by tokutanugoro23 | 2010-02-07 09:33
line

サラリーマンのやる気まんまんブログ


by tokutanugoro23
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite